ここから本文です

ベビーカー乗せずに電車発車 線路に転落し2歳児けが

1/15(水) 7:00配信

朝日新聞デジタル

 JR山陰線江原(えばら)駅(兵庫県豊岡市)で昨年末、駅のホームに取り残されたベビーカーが線路上に転落し、2歳の男児が負傷していたことが14日、わかった。JR西日本は、事案を公表していなかった。

 同社福知山支社によると昨年12月25日午前10時ごろ、2両編成のワンマン電車(福知山発豊岡行き)で、女性がベビーカーを最後尾のドアから車内に引き上げて乗せようとしていたところ、30代の男性運転士が気付かずドアを閉め、電車を発車させたという。

 運転士は女性から知らせを受けて停車。同じ頃、ホーム上の防犯カメラを見た駅員が、約1メートル下の線路上に転落していたベビーカーを救助した。男児は擦り傷を負ったが、電車と接触した形跡はなかったという。電車は約5分後に再出発した。

朝日新聞社

最終更新:1/15(水) 12:14
朝日新聞デジタル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事