ここから本文です

【中学受験2020】栃木県立中の受検倍率…宇都宮東4.1倍

1/15(水) 17:15配信

リセマム

 栃木県教育委員会は、2020年度県立中学校入学者選考に係る適性検査などの受検状況について公表した。宇都宮東高等学校附属中学校は、募集定員105人に対し受検者数は432人で受検倍率は4.1倍となった。入学者選考に係る適性検査、作文および面接は1月11日に実施した。

関連画像を見る

 栃木県の県立中学校は3校で、出願は年12月2日から開始し5日に締め切った。受検倍率(受検者数/募集定員)がもっとも高くなったのは宇都宮東高等学校附属中学校で、募集定員105人に対し、受検者数は432人(男子227人、女子205人)で、4.1倍となった。

 佐野高等学校附属中学校は募集定員105人に対し、受検者数は286人(男子124人、女子162人)で、倍率は2.7倍。矢板東高等学校附属中学校は募集定員70人に対し、受検者数147人(男子58人、女子89人)で倍率は2.1倍となった。

 適性検査、作文および面接は1月11日に実施され、結果通知は1月16日に発送する。また、2021年度の県立中学校入学者選考の出願期間は11月30日から12月3日。適性検査、作文および面接は2021年1月9日に実施された。

《リセマム 田中志実》

最終更新:1/15(水) 17:15
リセマム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ