ここから本文です

韓国野党「妄想家大統領、偽ニュースを注入…国民の上に親文」

1/15(水) 8:47配信

中央日報日本語版

14日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の新年記者会見に対して自由韓国党などは酷評を出した。韓国党は黄教安(ファン・ギョアン)代表が直接立場文を発表した。黄代表は「文大統領に変化と省察を望むのはやはり虚しい期待であるだけだった」として「『私は過ちがない』という独善と負けん気でいっぱいな自分合理化と『国民の上に親文』という基調だけがあった」と評価した。

チョン・ヒギョン報道官は「国政の失敗を認めず、民心に背を向けて任期内暴政を継続するという対国民宣戦布告」として「背を向けた国民に少しでも歓心を買ってみようという疎通ショーは虚しいばかりだ」と明らかにした。

新しい保守党と正しい未来党も批判に加勢した。新しい保守党のクォン・ソンジュ報道官は「妄想家大統領の偽ニュース注入90分」というタイトルで論評し「国民の問題意識と質問に対する即答は避け、大統領が見たいこと、信じたいことだけを並べた偽りの国政広報時間だった」として「南北関係が改善されており韓米同盟がいつにもまして強固だという回答を見て、いったい月の国からいつ帰ってくるのかため息をつかざるを得なかった」とした。

正しい未来党のキム・ジョンファ報道官も「反省はなく妄想だけがある大統領の『信念記者会見』に違いない」として「新年から国民にストレスを与える大統領」と主張した。

特に、チョ・グク前法務部長官に関連した文大統領の言及については批判の度合いが強かった。チョン・ヒギョン報道官は「国民に真の謝罪の代わりにチョ・グク氏に対する心の負い目と云々して国民を愚弄した」とし、キム・ジョンファ報道官は「チョ・グク氏1人と国民を対等交換した大統領が嘆かわしい」と主張した。

正義党と民主平和党は肯定的な評価の中でも「その場凌ぎの(不動産)対策を打ち出し続けるのではなく、確実な対策を立てるべきだ」(正義党のユ・サンジン報道官)、「概してバランスの取れた見解で今後政策の予測可能性を高めた無難な記者会見だったが、依然として不十分だ」(民主平和党のパク・ジュヒョン首席報道官)と話した。

共に民主党のイ・ジェジョン報道官は書面ブリーフィングを通じて「国政懸案全般に対する深い理解を基に、記者たちとの質疑回答形式で率直に答え、国民にさらに近寄った。確実な変化を通じて国民の暮らしをさらにあたたかく支えたいという文大統領の決心を改めて確認することができた」と話した。

最終更新:1/15(水) 8:47
中央日報日本語版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事