ここから本文です

韓国当局の「化粧品から放射性物質」発表に異議 日本メーカーに詳細な反論を聞いた

1/15(水) 18:29配信

J-CASTニュース

 化粧品メーカーのフローフシ(本社・東京都港区)が2020年1月7日、韓国への輸出品から放射性物質が検出されたとして商品回収が決まったことを受け、「遺憾」であるとの声明を発表した。過去、日本の検査で「一切問題がないとの結果」が出ていると、安全性が担保されていることを説明している。日本で当該商品を回収する予定はないという。

【画像】回収対象の10品目

 発表によると、フローフシは韓国で異議申し立てを申請している。J-CASTニュースの取材に同社は、韓国でもこれまで放射線に関する検査を受けて「嫌疑なし」と判断されてきたと説明。今回の商品回収に関し、韓国の機関に正確な情報開示を求めていることを明かした。

■安全基準の「年間1ミリシーベルト」を大きく下回る水準

 韓国の国家機関「食品医薬品安全処」(以下、食薬処)は7日、韓国で輸入販売しているフローフシの人気コスメティック商品「モテマスカラ」3品目と「モテライナー」7品目の計10品目(以下、当該商品)から、放射性物質のトリウムとウランが検出されたと発表した。当該商品は販売を中止し、回収措置を取るとしている。

 発表によると、これらの放射性物質は化粧品への使用が禁止されている。一方で検出されたのは、韓国の「生活周辺放射線安全管理法」に基づく被ばく放射線量の安全基準である「年間1ミリシーベルト」を大きく下回る水準だったという。

 中央日報など複数の韓国メディアは7~8日、こうした発表を報道。東亜日報(日本語版)は、人体への安全性について「放射性物質は極めて少量検出されて、既存の使用者の被曝の危険はない」という食薬処の関係者談を掲載した。

 事態を受け、フローフシは7日、自社ブランド「UZU」(旧・FLOWFUSHI)の公式サイト内で声明を発表した。「韓国で旧FLOWFUSHI製品のモテマスカラとモテライナーの一部ロットから放射性物質が検出されたとの報道がありました」として、次のように再検査を行うことを説明した。

  「韓国の食薬庁の発表によっても、当該製品の放射線量は、韓国の生活周辺放射線安全管理法が定める年間被ばく線量の安全基準よりもごく低いレベルで、まったく安全性には問題がないとされていますが、韓国のお客様に安心してお使いいただくためにも、対象製品・ロット以外も含めた韓国内の旧FLOWFUSHIすべての製品を、日本の第3者機関での再検査のために日本への返送を依頼しております」

 フローフシは、報じられた商品を含む同社商品について、

  「もとより、当該製品を含む弊社製品について、日本国内の薬機法、原子炉等規制法等関連する法律に抵触した事実は一切なく、また過去、日本国内において第三者機関が実施した検査でも、当該製品の放射線量が日本のガイドラインの基準範囲を超えたこともなく、私たちが通常に生活している空間の放射線量以下であり、一切問題がないとの結果が出ています」

と安全性が認められていることも説明。そのうえで、

  「現在韓国では、旧FLOWFUSHIの一部製品を韓国内の販売代理店を通じて販売しておりますが、弊社では関連する全法律を遵守して製造販売をし、日本でのすべての安全性の検査もクリアした上で韓国に輸出をしており、今回の韓国での報道については遺憾であり、現在韓国の代理店から異議申し立ての申請をすでに提出済みです」

と対応を取っていることも明かした。なお「日本で当該製品を回収する予定はありません」としている。

1/3ページ

最終更新:1/15(水) 18:42
J-CASTニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事