ここから本文です

トラウマもののクリーチャー登場!ギレルモ・デル・トロ製作の新作ホラー予告編

1/15(水) 17:00配信

シネマトゥデイ

 映画『シェイプ・オブ・ウォーター』などのギレルモ・デル・トロがストーリー原案・企画・製作を務めた『スケアリーストーリーズ 怖い本』から、高校生たちを狙う恐怖のクリーチャーの姿を映し出した予告編が、ポスタービジュアルと共に公開された。

【動画】『スケアリーストーリーズ 怖い本』予告編

 本作のベースとなったのは、本国アメリカでベストセラーとなりながら、実際の事件をほうふつとさせる描写や、スティーブン・ガンメルの担当した恐ろしい挿絵に苦情が寄せられ、学校図書館に置くことが禁じられたという、いわくつきの短編を集めた児童書シリーズ。高校生たちが幽霊屋敷から持ち帰った本につづられる物語が現実になり、彼らを恐怖に陥れるさまを描き出す。

 公開された予告映像では、“怖い本”の主役になってしまった主人公ステラたちを狙うクリーチャーの姿も登場。暗闇から彼らを付け狙う成す術のない恐怖の前に、「何かを呼び覚ましてしまった」とおののくステラたち。クライマックスには、真っ赤に照らされた廊下に現れた、トラウマ必至の“何か”の姿が映し出される。

 異形や怪異をこよなく愛するデル・トロだが、今回はプロデュースを担当。『トロール・ハンター』(2010)、『ジェーン・ドウの解剖』(2016)など、一風変わったホラー作品でカルト的な人気を博したアンドレ・ウーヴレダルがメガホンを取った。デル・トロが「今作を任せられる監督は彼しかいない」と全幅の信頼を置く才能にも注目だ。『ANNIE/アニー』などのゾーイ・マーガレット・コレッティをはじめ、マイケル・ガーザ、ゲイブリエル・ラッシュ、オースティン・エイブラムズらが出演する。(編集部・入倉功一)

映画『スケアリーストーリーズ 怖い本』は2月28日より全国公開

最終更新:1/15(水) 17:28
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ