ここから本文です

佐賀の女性ユニット「ピンキースカイ」の高園渚さん脱退へ 6月のライブを最後に

1/15(水) 12:42配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 佐賀の女性ユニット「Pinky Sky(ピンキースカイ)」が1月13日、今年6月に予定するラストライブを最後にメンバーの高園渚さんが脱退すると発表した。(佐賀経済新聞)

無料ライブ「木6ライブ」での「Pinky Sky」スタージ(2018年)

 10代の少年少女で構成するミュージカル劇団「ティーンズミュージカルSAGA」卒団生の「なぎりん」こと高園さんと「だーゆん」こと園田有由美さんが、2013(平成25)年4月に佐賀のご当地アイドルとして同ユニットを結成。佐賀市街なか交流広場「656(むつごろう)広場」(佐賀市呉服元町2)で毎週木曜に行う無料ライブ「木6(もくむつ)ライブ」などさまざまなライブやイベント、地元をPRするキャンペーン動画やイベントの出演などユニットとしての活動の幅を広げていた。

 昨年5月に開催した「6周年コンサート」の場でアイドルとしての活動を卒業したことに合わせ、同ユニットが所属する芸能プロダクション「SAGANPRO(サガンプロ)」から高園さんが退所。以降ユニットとしての活動が少なくなっていた。今年6月の高園さんの脱退以降、「Pinky Sky」のグループ名は園田さんが継続して使っていくという。

 高園さんはツイッターに「ピンキースカイ脱退後も、タレント高園渚、アーティストNAGISAとして自分らしく成長していきたいと思いますので、どうか、よろしくお願いします」(以上、原文ママ)とコメントを寄せた。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:1/15(水) 12:53
みんなの経済新聞ネットワーク

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事