ここから本文です

<桐谷健太&東出昌大>ダブル主演「ケイジとケンジ」で抜群のチームワーク 「龍馬伝」福田靖脚本に気合十分

1/16(木) 9:10配信

MANTANWEB

 桐谷健太さんと東出昌大さんが、元体育教師の異色の刑事と東大卒の超エリート検事に扮(ふん)してさまざまな事件に挑む木曜ドラマ「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」(テレビ朝日系、毎週木曜午後9時)が、1月16日から放送される。ダブル主演で異色コンビを演じる桐谷さんと東出さんに役作りや見どころ、互いの印象を聞いた。

【写真特集】抜群のチームワークで魅せる桐谷健太&東出昌大 イケメン2ショット

◇高身長コンビに自信

 ドラマは、「海猿」(フジテレビ)や「龍馬伝」、「まんぷく」(共にNHK)などの人気ドラマで知られる福田靖さんが脚本を手がけ、桐谷さん演じる元体育教師の刑事・仲井戸豪太と、東出さん演じる東大卒の超エリート検事・真島修平という異色タッグの活躍を描く。福田さんらしいユーモアやコミカルなタッチも盛り込まれるという。

 桐谷さんが同局の連ドラに出演するのは同じ木曜ドラマ枠で2012年に放送された「Wの悲劇」以来で、同局の連ドラで主演を務めるのは初めて。「(同局の)連続ドラマ初主演がうれしい。東出と一緒にバディーでやらせてもらえるのもうれしい」と桐谷さんはオファー時の心境を明かし、「デビューした連続ドラマ(『九龍で会いましょう』)もテレビ朝日。17年の時を経て主演に迎えてくれる太っ腹で据わった感じと、あと先見の明は素晴らしい(笑い)」とちゃめっ気たっぷりのコメントで喜びを表現する。

 東出さんとのコンビについては、「2人合わせて370センチ。ただ僕、182センチに近いので、本当は371センチなんですけどね」と笑いを誘いつつ、「身長で言うとどこにも負けないコンビ(笑い)。東出がものすごく大きいので、そこはだいぶ引っ張ってくれています」と楽しそうに話す。

 桐谷さんと共にダブル主演を務める東出さんも同局ドラマ初主演となるが、「刑事ものと医療ものは芝居の中でも難しいジャンルとして位置づけられているように思います」と切り出し、「僕は検事役ですが、テレ朝の刑事もの、事件ものに携わるチャンスを得られたんだなと、感慨深いものがありました」と神妙な表情で語る。

1/5ページ

最終更新:1/16(木) 9:10
MANTANWEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ