ここから本文です

“タフネス5Gスマホ”を2020年に投入する京セラ 強みは「ジャパンメイド」

1/15(水) 10:28配信

ITmedia Mobile

 京セラが1月7日~10日に米ラスベガスで開催されたCES 2020に初めて出展した。同社のブースには「5G Solutions」のコーナーも設けられ、米国向けの提供を予定している5G高耐久スマートフォンおよびタブレットのプロトタイプも出展されていた。会期中にグループインタビューの形で、5G戦略の展望を聞くことができた。

京セラの5Gスマートフォン(プロトタイプ)

 インタビューに応じてくれたのは、取締役 執行役員常務 通信機器事業本部長の厳島圭司氏、通信事業本部の通信開発部長の塙英治氏、そして北米の通信部門の責任者である京セラインターナショナル副社長(Vice President)の飯野晃氏の3人。まず、塙氏から、京セラの5G戦略の概要を聞いた。

3つのキーワードで5Gビジネスを展開

塙氏 われわれは5G時代の到来に向けて、3つのキーワードを掲げて、準備を進めています。まず「Foundation」。屋内外で快適な通信できる環境を構築し、提供していきます。次に「Connecting」。これは、今回の展示のメインでもありますが、5Gによって、あらゆるものをつなげていき、産業を支えていきます。そのための革新的なデバイスも提供していきます。そして、「Integration」。京セラはさまざまな分野で事業を展開していますが、それらを5Gで統合し、トータルソリューションとして提供していきたいと考えています。

塙氏 今回出展した「5G Smart Router」は、コンシューマー向けではなく、産業用として開発しています。HDMIやUSBなど有線の接続ポートも設けて、さまざまな機器と接続できるようにします。必要な情報だけを選別してクラウドに送信するといった、エッジコンピューティング機能も搭載します。

塙氏 「5G Smartphones & Tablets」は、弊社が現在提供している高耐久性端末を、より広い分野に提供していきたいと考えています。具体的には、クリーンな環境が求められる医療現場、食品工場、ホテルなどへの提供を考えています。

1/4ページ

最終更新:1/15(水) 10:28
ITmedia Mobile

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ