ここから本文です

東京五輪・パラリンピックのチケットは紅、藍、藤、松葉の4色

1/15(水) 12:33配信

デイリースポーツ

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は15日、都内で、五輪・パラリンピック観戦チケットのデザインを発表した。チケットは4つの色に分かれていて、紅、藍、藤、松葉を使用。それぞれの競技の特徴を表す絵文字のスポーツピクトグラムが用いられている。

 紅は、赤色が古来より祝事などでよく使われ、日本を象徴する色であること。藍は日本人に古くから親しまれた青色で、世界でも日本を表す色として広く知られ、大会エンブレムの色も藍色の一つであること。

 藤は枕草子に登場するなど、古来より日本の美しい花として知られる藤の花の紫色であること。松葉は枕草子に登場する縁起のいい樹として祝辞に用いられる松の葉の色であること、が使用の理由となっている。

 チケットは各競技会場の色に合わせており、会場に行ったときの連動感・一体感も感じられるデザインであるのと同時に、会場案内の手助けになるとも考えられている。

 観戦チケットの2次抽選販売は、15日未明に公式サイトで申し込み受付がスタート。29日11時59分に締め切られる。抽選結果は2月18日に発表される。

最終更新:1/15(水) 12:45
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事