ここから本文です

アイ・オー、1万円台半ばで0.8msの高速応答対応20.7型ゲーミング液晶

1/15(水) 12:39配信

Impress Watch

 株式会社アイ・オー・データ機は、応答速度0.8msを実現した20.7型ゲーミングディスプレイ「ギガクリライト(LCD-GL211XB)」を1月末に発売する。価格はオープンプライスで、税別店頭予想価格は14,500円前後の見込み。

【この記事に関する別の画像を見る】

 オーバードライブ機能を使うことで中間色で0.8msの高速な応答速度を実現するとともに、信号処理の内部フレーム遅延を約0.03フレーム(約0.45ms)に抑えているのが特徴。残像感の低減や操作や表示のズレを最小限に抑制可能とする。また、PlayStation 4やNintendo Switch、Xbox Oneといったゲーム機での動作確認済み製品となっている。

 おもな仕様は、パネルが非光沢のTN方式、解像度はフルHD(1,920×1,080ドット)、最大表示色1,677万色、視野角上下160度/左右170度、輝度250cd平方/m、コントラスト比1,000:1(最大8,500:1)、標準応答速度5ms(オーバードライブ時の中間色0.8ms)。

 インターフェイスは、HDMI、ミニD-Sub15ピン、ステレオミニジャック、1+1Wスピーカーを装備。

 本体サイズは約490×178×351mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約3kg。スタンドは上20度/下5度のチルトをサポートし、100×100mmのVESAマウントに対応する。

PC Watch,中村 真司

最終更新:1/15(水) 12:39
Impress Watch

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事