ここから本文です

BMW、サーキットをイメージしたボディカラーの30台特別限定車「M4 Edition Heritage」

1/15(水) 13:01配信

Impress Watch

 ビー・エム・ダブリューは1月15日、Mモデルらしさを際立たせる専用装備を多数採用した特別限定車「M4 Edition Heritage(エディション・ヘリテージ)」を発売した。日本国内計30台限定で、価格は1545万円。

【この記事に関する別の画像を見る】

 M4 Edition Heritageは、モータースポーツで鍛えられた技術を結集してBMW Mが開発した「M4 Competition(エム・フォー・コンペティション)」がベース。M4 Competitionは、パワートレーンに最高出力を標準モデルと比べて14kW(19PS)アップの331kW(450PS)まで高めた直列6気筒3.0リッターMツインパワー・ターボエンジンを搭載し、トランスミッションにはトラクションや加速を途切れさせない7速M DCT Drivelogicを採用。0-100km/h加速(ヨーロッパ仕様車値)4.1秒という動力性能を誇るモデル。

 今回の特別限定車はベース車両のスペックはそのままに、モータースポーツを彷彿とさせ、ドライバーをかき立てるような専用デザイン装備を多数採用。特別装備として、専用色となるオービット・グレーに塗装され、引き締まった足まわりを演出する20インチ Mライト・アロイ・スポーク・スタイル 666Mや、Mモデルを象徴する3色のストライプが直接織り込まれた専用Mストライプ入りカーボンルーフ、カーボンインテリアを装備。さらに、「M Heritage」のロゴが浮かび上がるロゴ&イルミネーションが、インテリアやドア・シルに採用され、随所で限定モデルらしい演出を施している。

 ボディカラーは、アメリカのカリフォルニア州モントレーにあるラグナ・セカ・サーキットをイメージした「ラグナ・セカ・ブルー」、深みがありビロード生地のような洗練された光沢感をイメージした「ベルベット・ブルー」、イタリアのイモラ市にあるイモラ・サーキットをイメージした「イモラ・レッド」の3色をラインアップ。日本国内は、ラグナ・セカ・ブルーが15台、ベルベット・ブルーが10台、イモラ・レッドが5台の計30台限定となる。

 インテリアでは、各外装色に合わせてコーディネートされたメリノ・レザーを採用。ラグナ・セカ・ブルーは、光沢感がありグレーがかったホワイト「シルバー・ストーン」とブラックの2トーンカラーに、ターコイズのステッチが施されたシートを、ベルベット・ブルーは同じくシルバー・ストーンとブラックの2トーンカラーに、オレンジ・バイカラー・ステッチが施されたシートをそれぞれ採用。イモラ・レッドでは、レッドとブラックのカラーに、イエロー・バイカラー・ステッチを採用することで、挑発的で目を引くシート・デザインとした。

Car Watch,編集部:北村友里恵

最終更新:1/15(水) 13:01
Impress Watch

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事