ここから本文です

コリィ・テイラー制作のホラー映画にトム・サヴィーニ・スタジオが参加

1/15(水) 16:54配信

BARKS

スリップノット/ストーン・サワーのフロントマン、コリィ・テイラーは最近、ホラー映画の脚本を執筆したと明かしていたが、その作品なのかは不明なものの、テイラーが制作するホラー映画に特殊メイクのレジェンド、トム・サヴィーニのプロダクション会社が関与しているそうだ。

◆コリィ・テイラー画像

『Daily Dead』は、テイラーが近い将来、トム・サヴィーニ・スタジオと提携しホラー映画を監督すると伝えた。サヴィーニの右腕と言われるジェイソン・ベーカーは、こう明かしたという。「ちょっとずつだけど、ようやく、トムと僕がコリィ・テイラーの新しいホラー映画に関与するって話し始めることができ、僕はワクワクしているんだ。僕らは、特殊メイクを手掛ける。いまのところ、タイトルやあらすじなんかについて話しちゃいけないんだ。でも、すごい脚本だって言っておくよ。コリィは本当に気味の悪いものを計画してる。僕はそれに参加でき、すごく興奮している」

サヴィーニは『ゾンビ』『13日の金曜日』『死霊のえじき』『悪魔のいけにえ2』などの特殊メイクを担当し、この分野ではレジェンド的存在。最近では、スリップノットにおけるテイラーの新マスクを手掛けた。

テイラーは先月、『Kerrang!』と『Rolling Stone』のインタビューで、「ホラー映画の脚本を書いたんだ。これには本当にワクワクしてる」「積極的に投資家とプロデューサーを探しているところだ」などと話していた。

テイラー本人からはまだ『Daily Dead』の記事についてコメントはないが、彼は火曜日(1月14日)これに関するツイートをリツイートした。

Ako Suzuki

最終更新:1/15(水) 16:54
BARKS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事