ここから本文です

【京成杯】3連勝へ余裕の2馬身先着ヒュッゲ万全12秒4

1/15(水) 12:53配信

サンケイスポーツ

 未勝利→エリカ賞を逃げて連勝してきたヒュッゲは、栗東坂路で和田騎手が騎乗して、ノーブルカリナンを追いかける流れ。道中で斜行してきた他厩舎の馬に内へ寄せられるシーンはあったが、慌てずに最後まで脚取りはしっかり。ラスト1Fを12秒4でまとめて2馬身先着した。

 「予定より時計は速くなったけど、動きには余裕があった。体調は良さそう」とジョッキー。

 重賞でも展開のカギを握る存在となり、「非力な感じはあるけど走りはスムーズ。主導権を握ったほうがいい。ピッチ走法で滑らかな走りをするので中距離がいいね。2000メートルは合う」と、同じ舞台の皐月賞へつながるスピードを見せたい。

最終更新:1/15(水) 12:53
サンケイスポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事