ここから本文です

岡山 入院患者が別の患者を殺害 南区の病院、容疑で男逮捕

1/15(水) 11:04配信

山陽新聞デジタル

 15日午前1時55分ごろ、岡山市南区の病院で、「入院患者が別の入院患者の首を絞めた」と医師から110番があった。岡山南署員が駆け付け、病室のベッドの上で死亡している患者の男性(66)を発見。同署は近くにいた入院患者の同市、無職の男(59)を殺人の疑いで緊急逮捕した。

 岡山県警によると、2人は精神疾患で入院していた。男は犯行後、「いらいらしてやった」と自ら看護師に告げたといい、刑事責任能力の有無を含めて慎重に調べる。

 逮捕容疑は14日午後8時ごろから15日午前1時40分ごろまでの間に、病室で男性の首を絞めて殺害した疑い。「タオルなどで首を絞めた」と容疑を認めている。

 これまでの調べでは、男と被害者の男性は同じフロアの別の病室に入院しており、病室間の行き来は自由にできたという。

 病院は「二度と起こさないためにも管理体制の見直しを検討したい」としている。

 現場はJR岡山駅から南へ約7キロの幹線道路沿い。

最終更新:1/15(水) 12:43
山陽新聞デジタル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事