ここから本文です

手取り30万から一気に1億円プレイヤーに。箕輪厚介が語る“稼げるブランド”のつくりかた

1/15(水) 12:01配信

新R25

サラリーマンでありながら1000人を超えるオンラインサロンを主宰し、手がけた書籍は軒並みベストセラー。最近ではワイドショーのコメンテーターや音楽活動にまで活躍の場を広げ、もはや理解不能なレベルで進化を続ける幻冬舎のスター編集者・箕輪厚介さん。

ここ数年で突如としてブレイクした箕輪さんの稼ぎやお金の価値観…気になりますよね?

取材直前に自ら年商を公表していて拍子抜けしてしまいましたが、まだまだ聞きたいことはたくさんあります。

自慢することも謙遜することもなく、お金についてオープンに話してくれたインタビューをご覧ください!

〈聞き手=渡辺将基(新R25編集長)〉

箕輪さんっていくら稼いでるんですか?

渡辺:
この連載ではいつもはじめにどれだけ稼いでるのか聞いてるんですけど、自らTwitterで明かしてましたね。

箕輪さん:
ちょうど昨日ツイートしました(笑)。

渡辺:
年商で1.3億円。

箕輪さん:
うん。

渡辺:
節税対策で個人会社をつくってると思うんですけど、会社の年商は「箕輪厚介」としての活動から得た収益がすべてですよね?

箕輪さん:
そう。芸人の個人事務所みたいな感じ。

月の売上が1000万くらいだけど、そこから役員報酬で50~60万くらい取って、あとは会社にプールしてます。

渡辺:
売上の内訳をざっくり聞きたいんですけど、やはりオンラインサロン(箕輪編集室)が大きいですか?

箕輪さん:
うん。サロンが半分くらいですかね。

渡辺:
残り半分は?

箕輪さん:
講演料とか、けっこう高いですね。

あとはちょこちょこテレビに出てギャラもらったり、新R25の広告に出たり(笑)。

渡辺:
ウチもお世話になってます(笑)。

ちなみに、講演料ってどれくらいなんですか?

箕輪さん:
1本100万くらい。

渡辺:
100万!?

箕輪さん:
企業向けの講演とか、なんちゃら会議所の講演とか、おじさんの前で話すときは基本100万ですね(笑)。

1時間しゃべって100万だから、時給換算したら(講演が)一番いい。

それが月2~3本入ると、それだけで200~300万になりますね。

渡辺:
すご…

でも箕輪さんぐらいの知名度と影響力を持ったら、その金額でも納得感ありますね。

箕輪さん:
そんな感じで、月商は少ないときで700~800万、高いときで1500万を超えるぐらいですかね。

1/5ページ

最終更新:1/15(水) 12:39
新R25

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事