ここから本文です

四川料理の専門家である中川正道さんが解説。食べログ〈汁なし担担麺〉の上位店「四川担担麺 阿吽 湯島本店」の“おいしい実力”

1/15(水) 6:32配信

食べログマガジン

〈食べログNo.1には理由がある!〉汁なし担担麺編

食べログのジャンル別ランキング〈汁なし担々麺〉において、担担麺を扱うラーメン店のなかでは6位、担担麺の専門店においては1位(2019/12/1付ランキング)に輝いた「四川坦坦麺 阿吽 湯島本店」。

その人気の理由を探るべく、四川省公認の四川料理の専門家、「四川フェス」では実行委員長も務める中川正道さんとともにお店を訪問。その味の実力に迫ります。

教えてくれる人【中川正道(なかがわ まさみち)】

四川省公認の四川料理の専門家。「麻辣連盟」総裁、2002年から4年間、四川省・成都に留学、四川料理に魅了される。2012年に四川の仲間たちと200店舗を食べ歩き「おいしい四川」サイトをリリース。

2014年夏に日本初の四川料理食べ歩きガイドブック「涙を流して口から火をふく、四川料理の旅」上梓。2017年より開催されている「四川フェス」では実行委員長も務める。

オープンから12年。東京の担担麺の代名詞的存在に

東京メトロの湯島駅を出てすぐ。「四川担担麺 阿吽 湯島本店」といえば、担担麺好きなら必ずや知っているであろう有名店。2007年にオープンして以来行列の絶えない店として知られてきましたが、その人気は浅草、北浦和、新宿御苑、丸の内と支店の輪が広がっても全く変わりません。

なお、2020年1月には、中国上海で再び「阿吽」の担担麺が食べられるようになるとのこと。「つゆ無し担担麺」は、そんな「阿吽」において、「白胡麻担担麺」と並ぶ2枚看板のひとつ。

ここ10年ほどで東京でも安定した人気を誇るようになった汁なし担担麺ですが、中川さんによれば「中国人も日本の汁なし担担麺はおいしいって言いますよ。向こうのものは麺ももっと細くて、かんすいも入っていないストレート麺なのですが、最近は日本インスパイア?と言えそうな太麺でコシもある麺も出てきています」とのこと。

「阿吽」は、日本で進化した汁なし担担麺の究極系と言えるのかもしれません。

四川の担担麺とは別物! 日本オリジナルの魅力とは?

四川の担担麺の味を知り尽くした中川さん。本場の“麻辣”の魅力に取り憑かれたその舌から得た、「阿吽」の「つゆ無し担担麺」のポイントはこちら。

1. 全体の味のバランスのよさ
2. 汁なし担担麺の決め手となる、辣油の実力
3. 辛さと痺れの調整ができる

では、そのおいしさの実力を具体的に見ていきましょう。

1/4ページ

最終更新:1/15(水) 6:32
食べログマガジン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事