ここから本文です

【インド】19年自動車販売、20年ぶりの低さ

1/15(水) 11:05配信

INDO WATCHER ビジネスプレミアム

 インド自動車工業会(SIAM)が10日発表した2019年の自動車販売台数(卸売りベース)は前年比13.8%減の2307万3438台で、統計を開始した1997年以来、最も少なかった。政府の経済対策にも目立った効果が出ておらず、4月から導入される排ガス規制強化で景気の冷え込みが予想される業界にとって、今後に明るい材料が見当たらないのが現状だ。PTI通信が同日付で報じている。

 乗用車は同12.7%減の296万2052台にとどまり、前年割れした2013年(7.5%減)を上回る落ち込みとなった。二輪車も14.2%減の1856万8280台と振るわず、商用車も15.0%減の85万4759台とさえなかった。

最終更新:1/15(水) 11:05
INDO WATCHER ビジネスプレミアム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事