ここから本文です

ロケッツのジェームズ・ハーデン、後半戦のギアアップに自信「俺たちの時間は来る」

1/15(水) 12:58配信

NBA Rakuten

ヒューストン・ロケッツは今季、“トリプルダブル製造機”のラッセル・ウェストブルックを迎えてNBAタイトル獲得へ勝負を懸けた。現状で首位ロサンゼルス・レイカーズとは差をつけられている状況ながら、エースのジェームズ・ハーデンは来たるべき時に備えて虎視眈々と牙を研いでいる。

サウスウエスト地区で首位を守るロケッツだが、昨年12月にはゴールデンステイト・ウォリアーズやニューオーリンズ・ペリカンズ、サクラメント・キングスと低迷するチーム相手に敗れた。現在ではレイカーズとクリッパーズのロサンゼルス勢に次ぐベスト3のチームと目されているなか、ハーデンは自分たちに伸びしろを感じているようだ。

『ヒューストン・クロニクル』のハンター・アトキンス記者によれば、ハーデンは「ローテーションに一貫性がなかった」とここまでの戦いを振り返る。

ロケッツは2019年10月に日本でジャパンゲームを行うなど、ハードスケジュールの中でシーズンを戦ってきた。得点オプションの1人であるエリック・ゴードンが右膝の手術で長期欠場し、クリント・カペラが足の故障、ウェストブルックも休養で数試合を欠場しており、フルメンバーが揃った試合は少ない。ただ、コンディションさえ整えば、レブロン・ジェームズとアンソニー・デイビスを擁するレイカーズや、その他の強豪チームにも引けを取らないとハーデンは考えている。

「全員が健康な状態になって、リズムをつかむ時が来ると願いたい。自分たちのことはよく分かっている。リズムをつかみ、10、12、15試合と駆け抜ければ俺たちの時間は来る」

シーズン後半戦のロケッツから、目が離せなくなりそうだ。

NBA Rakuten

最終更新:1/15(水) 12:58
NBA Rakuten

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事