ここから本文です

24時間ジムが急増 背景に「筋トレ女子」/富山

1/15(水) 19:06配信

チューリップテレビ

 全国でフィットネス人気が高まる中、県内にも続々と24時間営業のジムがオープンしています。

 出店を後押ししているのは体を鍛える女性、いわゆる「筋トレ女子」の増加です。

 全国で過熱するフィットネスブームを後押ししている「筋トレ女子」。
 美しいボディやスタイルの維持を求めて、24時間営業のジムに現れます。

 「深夜1時とか2時に来ることが多くて学校終わって友だちと遊んで帰ってきてちょっと食べ過ぎたなみたいな日に動こうと思って」(女性)
 「ウエイトトレーニングはここ1年ぐらいです。15日は肩と三頭筋ですね」(女性)

 SNSのインスタグラムで「筋トレ女子」と検索すると、写真の投稿数はなんと155万件以上。
 さらに、動画投稿サイト「ユーチューブ」にも数多くの女性がトレーニングの様子をアップし、引き締まった肉体を披露しています。
 このフィットネス市場、ここ数年は右肩上がりで2018年は4800億円と過去最高を更新しました。
 こうしたフィットネス人気の高まりを受け、県内にも続々と24時間営業のジムが出店。

 先月オープンした「Every(エブリー)富山掛尾店」では、系列店舗で北陸初の女性専用エリアを設けました。
 女性専用エリアには、ランニングマシンやエアロバイクといった女性に人気の有酸素マシンを揃えています。

 「ダイエットだったり、健康や美容目的で来られる方が多いので、有酸素系のマシンをメインに設置させていただきました」(Every(エブリー)富山掛尾店・水守里衣店長)

 「このジムの女子更衣室はこちらのセキュリティキーを使って中に入ることができます。そして女子更衣室の奥へと進んで行きますと、再びセキュリティキーをかざすところがあるので、かざして女性専用のトレーニングルームに入ることができます」(記者)

 女性専用エリアには更衣室から直行できるため、汗をかいた姿を男性に見られる心配もありません。
 また、こんな配慮も。

 「ジムに入ってまず目に付くのがこちら、防犯ブザーです。このように持ち運びができまして女性が安心してジムを使えるようになっています」(記者)

 このほか、警備会社につながる非常ボタンも各エリアに設置し、女性が深夜でも安心して利用できる環境を整えています。
 一方、こちらは去年11月にオープンした「FIT(フィット)365イオンタウン富山上飯野(とやまかみいいの)」。
 設備をしぼり、月額2980円の低価格を売りにする24時間ジムです。

 なんと、会員の5割は女性。

 人気の理由は、この一室にありました。
 画面に映るインストラクターに合わせて体を動かす、バーチャルスタジオです。
 激しいダンスや格闘技の動き、バーベルを使ったフィットネスなど5種類のレッスンが24時間組まれていて、いつでも好きなレッスンに参加できます。

 「有人レッスンと違って24時間流しっぱなし。あと有人レッスンだと前の方はちょっと見にくいと思うんですけど、バーチャルだとモニターで、どこでも見やすいっていうのがバーチャルレッスンのいいところです」(FIT365イオンタウン富山上飯野・今村隆世店長)

 このバーチャルスタジオ、利用者の7割が女性で年代も20代から中高年までと幅広い支持を集めています。
 中でも人気なのが、音楽に合わせるダンス系のレッスンで、ダイエットのために参加する人が多いということです。

 「映像見ながらなんで頑張れるかなって感じでした。自分のペースでやりたいところに行って(運動)できるのがいいと思います」(女性)
 「とってもきついです。すごく汗かくんで痩せられそうです」(女性)

 ダイエット目的でジムに通う女性が多い中、本格的に体を鍛える「筋トレ女子」もいます。
 富山市の会社員、堀田ひろみさん(33)です。
 筋肉の美しさや女性らしいボディラインを競うビキニフィットネスの県大会に去年初めて出場し、見事優勝を果たしました。
 トレーニングを始めたのは3年前、そのきっかけは「水着を着るため」という身近なものでした。

 「友だちに筋トレを教えてもらって、自分の体が変わっていくのがすごく楽しくて、それからずっと続けています」(堀田ひろみさん)

 堀田さんが通うのはおととし8月にオープンした「ANYTIME(エニタイム)FITNESS(フィットネス)富山大泉店」。

 国内に600店舗を有する24時間営業のジムで、マシントレーニングに特化しています。
 多い時は週に6日通い、肩や胸、背中など、部位ごとに鍛えるという堀田さん。
 日々のトレーニング内容はすべてノートに記録するようにしてています。

 「ちょうど2年前の1月から(ノートを)始めて、デッドリフトとか40キロから始めたんですけど、14日やったら110キロぐらいまで。2冊目とかになるとちょっと楽しくなってきて、大人になってからも目標があった方が日々が楽しくなる」(堀田ひろみさん)

 今年の目標はビキニフィットネスの全国大会に出場し、入賞すること。
 美容や健康志向の高まり、ライフスタイルの変化に合わせて24時間営業のジムが続々と県内に出店している今、堀田さんは、多くの女性に体を鍛える魅力を知ってほしいと言います。

 「やっぱり自分の持っているスタイルや魅力を発信するのは日々の生活が楽しくなると思うので、ぜひたくさんの人に筋トレ女子に挑戦していってほしいと思います」(堀田ひろみさん)

チューリップテレビ

最終更新:1/15(水) 19:06
チューリップテレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事