ここから本文です

中島みゆき ライブ継続明言「閉店セールのようなもの…安心してね」7年ぶり全国ツアー トーク力健在

1/15(水) 5:00配信

中日スポーツ

 シンガー・ソングライター中島みゆき(67)の約7年ぶりの全国ツアーが、12日夜から東京・新宿文化センターで始まった。「2020 ラスト・ツアー 結果オーライ」と題し、地方を回るツアーは今回が最後。昨年の吉田拓郎(73)に続いてのビッグアーティストの節目のステージ、全21曲にファンは熱いまなざしを送った。

【写真】舞台あいさつに立った長野博と高橋優斗

 下手から登場した中島は一礼してステージ中央へ。ビッグバンドの分厚いサウンドをバックにラストを思わせる「一期一会」からスタート。「次は、初めて全国ツアーというものをやらせていただいた時の1曲目です」と言って披露したのがデビュー曲「アザミ嬢のララバイ」だった。

 「中島の歌は結婚式では歌ってはいけない歌と言われておりました」と自虐的に語るなど、ぶっちゃけぶりはいつもと変わらない。「思い出が目まぐるしく頭の中を駆け巡っております」とも話したが、「ラスト・ツアーとありますが、ラスト・コンサートとは書いておりません。閉店セールで、まだ店をやってるようなもの。安心してね」と、ライブ活動をやめるわけではないことを明言して安心させた。

 関係者によると、もともと完璧主義の中島は、今後は1カ所で腰を落ち着けてクオリティーを高めたコンサートを見せたいという。年齢的に体力の問題もありそうだ。

 20日の石川県本多の森ホールからツアー再開。6月5日、新宿文化センターで打ち上げる。

最終更新:1/15(水) 5:00
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ