ここから本文です

路線バスとオートバイが衝突 「ぶつかるまで気づかなかった」

1/15(水) 9:59配信

KKB鹿児島放送

KKB鹿児島放送

[1月14日 Jチャン+放送]

 14日午前、南九州市の国道で路線バスとオートバイが衝突する事故がありました。

 警察によりますと、午前8時前、南九州市川辺町の国道でかごしま交通の路線バスが左折しようとしたところ左側から直進してきたオートバイと衝突しました。

 この事故でオートバイを運転していた鹿児島市の会社員の男性(60)がろっ骨や足の指の骨を折るけがをしました。路線バスには65歳の男性運転手と乗客1人が乗っていましたが、いずれもけがはありませんでした。

 現場は信号機のないT字路で、警察の調べに対し路線バスの運転手は「ぶつかるまでオートバイに気づかなかった」と話しているということです。

最終更新:1/15(水) 9:59
KKB鹿児島放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ