ここから本文です

明石家さんま5年ぶりの新作舞台は時代劇!開幕早々話題沸騰!「七転抜刀!戸塚宿」

1/15(水) 15:05配信

チケットぴあ

明石家さんま5年ぶりの新作舞台かつ初の時代劇として早くから話題となっていた「七転抜刀!戸塚宿」が1月10日、ついに開幕を迎えた。2015年に再演された「七人ぐらいの兵士」以来となる本作。脚本は昨年のヒットドラマ「あなたの番です」を手掛けた福原充則、共演には舞台では3回目の共演となる中尾明慶、ほか、山西惇、温水洋一、八十田勇一、犬飼貴丈、佐藤仁美ら豪華出演陣が顔を揃えた。

明石家さんま主演「七転抜刀!戸塚宿」その他の舞台写真

舞台は、まさしく新たな時代を迎えんとする胎動の幕末1865年。とある宿場で、父を殺した仇を待ち構える藩士の後ろ姿から始まる…。追われる仇の浪人役を明石家さんま、仇討に燃える藩士を中尾明慶が演じる。

件の仇討は追い始めてからすでに10年という時が経過しているが、返り討ちに遭うばかりで一向に果たせる気配もない。ついに藩士には助人としてアイヌ忍のふたりも加わることとなり、舞台はさらにはちゃめちゃに!そして、仇討ちに始まった物語はどんどん意外な方向に進んでいき、いつしか時代は、戊辰戦争を経て文明開化へと進んでいく…。移り変わる時代の中で複雑に変化していく登場人物たちの関係、そして明かされる仇討ちに秘められた真の目的とは!?

「お笑い芸人である自分」がキャスティングされていることの意味を、「台本をどう壊していくか、そして笑わせるか」だと語るさんま。自らがセリフで「危険な男」と表現するように、舞台のうえを自由自在に動き喋りまわり、まさに舞台でしか見られない“危険なメタ的アドリブ”も冴え渡る。激動の時代を背景に描かる新年幕開けを飾る大作「七転抜刀!戸塚宿」”。東京公演はBunkamuraシアターコクーンにて1月31日まで。大阪公演はCOOL JAPAN PARK OSAKA WWホールにて2月20日~26日まで行われる。

■「七転抜刀!戸塚宿」
《東京公演》
2020/1/10(金) ~ 2020/1/31(金) Bunkamuraシアターコクーン
《大阪公演》
2020/2/20(木) ~ 2020/2/26(水) COOL JAPAN PARK OSAKA WWホール

脚本:福原充則
演出:水田伸生
出演:明石家さんま / 中尾明慶 / 山西惇 / 温水洋一 / 八十田勇一 / 犬飼貴丈 / 吉村卓也 / 加瀬澤拓未 / 粂川鴻太 / 佐藤来夏 / 佐藤仁美

最終更新:1/15(水) 15:05
チケットぴあ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ