ここから本文です

JR東日本と新潟市が「AI×観光」でベンチャー企業と実証実験、相乗りタクシーで観光MaaSやAI味覚判定の日本酒観光など

1/15(水) 15:10配信

トラベルボイス

JR東日本の子会社であるJR東日本スタートアップと新潟市は、ベンチャー企業と連携し、「AI×観光」をテーマにした2つの実証実験を実施する。

1つ目はNearme社との連携による、観光タクシーの相乗りマッチングサービスによる観光MaaS「新潟トラベルシャトル」の実施。AIによる観光ニーズのマッチングと送迎ルートの最適化技術を活用し、観光タクシーを相乗りして一人当たりの負担を減らしながら、オンデマンドの事前予約による利便性の向上も図る。地域の観光資源を発見しやすくする仕組みを構築し、観光価値向上と地域活性化も図っていく。実施期間は2020年1月18日~3月末まで。

2つ目は、AIによる味覚判定を活用した日本酒レコメンドサービスでの観光提案。観光拠点「日本酒観光案内バー」をオープンし、10種類の日本酒の飲み比べとAIによる味覚判定により、日本酒製品や飲食店、酒販店をラリー型の旅t伍して紹介する。日本酒を観光資源として捉え、一人一人にあった判定結果で新潟駅周辺地域の回遊を促し、地域活性化を目指す。実施期間は、2020年2月14日~3月15日まで。

トラベルボイス編集部

最終更新:1/15(水) 15:10
トラベルボイス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ