ここから本文です

小正月行事で3世代交流 花巻・笹間地区【岩手】

1/15(水) 10:18配信

岩手日日新聞社

 笹間地区コミュニティ会議(鈴木利忠会長)の三世代交流事業「小正月を楽しむ会」は13日、花巻市笹間の笹間振興センターと同地区社会体育館で開かれた。児童や地域住民が集まり、かるたや餅つき、ミズキ飾りなどを楽しむ昔ながらの光景が広がった。

 鈴木会長は「時代が進歩するほど伝統ある遊びなどが風化される。懐かしい遊びや供え物などを子供たちに体験して学んでほしい」とあいさつ。合唱やかるた、地域住民が手掛けた紙芝居の観賞、こま回し大会など多彩な企画が催された。

 子供たちは縄に餅を付けてつるす「ぜにぼ」、餅をネズミの形にする「ねずみっこ」を作るのも体験し、五穀豊穣(ほうじょう)を願う年中行事に親しんだ。

 毎年訪れているという原悠翔君(笹間第一小学校5年)は「かるたが昔の言葉で難しかったけど楽しかった。ミズキ団子はカラフルできれいだった」、いとこの伊藤晏理君(桜台小学校5年)は「紙芝居は物語も面白かったし、方言で語られていたのも良かった」と満喫していた。

最終更新:1/15(水) 10:18
岩手日日新聞社

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事