ここから本文です

「うわっ、ヒールだ!」でも大丈夫!? 石川遼、キャロウェイ「マーベリック ドライバー」を語る

1/15(水) 13:44配信

みんなのゴルフダイジェスト

本日発表となったキャロウェイの新ドライバー「マーベリック」。キャロウェイの契約選手・石川遼もマーベリックを気に入ったようだ。

ヒールヒット時の飛距離ロスが激減

キャロウェイの新モデル「マーベリック」。それを試打したプロゴルファー・石川遼いわく、マーベリックは「完全に(エピックフラッシュからの)底上げ」だという。

前モデル「エピックフラッシュ」との一番の差は進化したAIフェースによるオフセンターヒットへの寛容性。とくに石川は、ヒールヒットに対する強さを感じたようだ。

「ヒール側に当たっても、打感に『うわっ、やっちゃった』みたいな感覚が出ない。手に伝わってこないっていうのは打っててありますね」(石川)

マーベリックとエピックフラッシュの打ち比べをした際も、石川はマーベリックの強みを数値で実感していた。ではエピックフラッシュをセンター、トウ、ヒールでそれぞれ打った場合の計測データを見てみよう。

【エピックフラッシュ/センターヒット】
キャリー271.4ヤード
トータル287.4ヤード
打ち出し角14.3度
ヘッドスピード(以下HS)50/4m/s
ボール初速74.7m/s
スピン量3158rpm

【エピックフラッシュ/トウヒット】
キャリー278ヤード
トータル299ヤード
打ち出し角12.7度
HS50.7m/s
ボール初速75.4m/s
スピン量2628rpm

【エピックフラッシュ/ヒールヒット】
キャリー252.9ヤード
トータル269.7ヤード
打ち出し角10.9度
HS51.1m/s
ボール初速72.8m/s
スピン量3703rpm

続いてマーベリックをセンター、トウ、ヒールでそれぞれ打ったときの数値が以下だ。

【マーベリック/センターヒット】
キャリー284.9ヤード
トータル301.1ヤード
打ち出し角14.2度
HS51.4m/s
ボール初速76.5m/s
スピン量3017rpm

【マーベリック/ヒールヒット】
キャリー279.6ヤード
トータル301.9ヤード
打ち出し角12.6度
HS51.8m/s
ボール初速75.5m/s
スピン量2515rpm

【マーベリック/トウヒット】
キャリー274.5ヤード
トータル303.1ヤード
打ち出し角13.8度
HS51.8m/s
ボール初速76m/s
スピン量2074rpm

「数値を比べてみると、ヒールに当たったときのボール初速が1.8m/sも違います。芯に当たったときとヒールに当たったときの飛距離を見ても、エピックフラッシュでは20ヤード以上飛距離が変わっていたのが、マーベリックでは(ロスを)5ヤードくらいまで抑えられていました。ヒールヒットに強くなっているのは相当ありがたいですね。プロにとってもです」

プロでさえありがたがるヒールヒットへの強さ。打点がバラツキがちなアマチュアにとっては、まさに最強の武器になる可能性を秘めた1本と言えそうだ。

みんなのゴルフダイジェスト編集部

最終更新:1/15(水) 13:44
みんなのゴルフダイジェスト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ