ここから本文です

中大の正捕手・古賀、慶応のスラッガー・正木など新成人を迎えた東京六大学・東都の逸材野手たち

1/15(水) 12:26配信

高校野球ドットコム

 2020年は1999年4月2日から2000年4月1日生まれの方々が新成人を迎えた。

 今回は大学野球を代表する東京六大学野球連盟、東都大学野球連盟に2連盟から成人を迎えた有望野手を紹介したい。

【東京六大学野球連盟】

 明治神宮大会優勝の慶応大は新成人を迎える野手も活躍を見せている。その筆頭が正木 智也だろう。1年春から9試合に出場し、2年春には2本塁打、打率.324、2年秋には7打点をマークし、通算3本塁打20打点と最終学年には二けた本塁打の到達も期待できるスラッガーだ。渡部 遼人(桐光学園出身)は通算42試合に出場している好打の外野手、福井 章吾(大阪桐蔭出身)も昨年は二季連続で本塁打を積み重ねており、順調に数字を伸ばしている。智辯学園時代、ドラフト候補として注目された太田 英毅(立教大)は昨秋11試合に出場し、リーグ初本塁打も記録し、この1年はフルシーズンで活躍を見せることができるか。

また大学2年生ながら日本代表入りした丸山 和郁(前橋育英-明治大)は春のリーグ戦で12試合に出場し、打率.318を記録。俊足強肩の外野手として潜在能力の高さを発揮したいところだ。

【東都大学野球連盟】
 中央大の古賀 悠斗は正捕手として活躍。投手陣の持ち味を引き出し、突出した速球を投げるわけではない後藤 茂基(城西大城西出身)が昨秋、最優秀投手賞を受賞したのは古賀のリードが大きいだろう。またここぞという場面で見せる強肩は素晴らしいものがある。打撃はまだ課題があり、春に打率4位となる打率.340、1本塁打、7打点と好成績を残したが、秋は打率1割台に終わった。今年は打撃タイトルを狙える成績を残したい。

昨秋のリーグ戦で打率7位の打率.333を残した国学院大の瀬戸 成一郎(鳥取城北出身)は指名打者部門をベストナインを受賞。

 駒澤大の大型遊撃手・新田 旬希(市立呉出身)は、昨春のリーグ戦、打率.310を残している。

 この世代も少しずつではあるが、野手の逸材が台頭してきている。大学3年は、ドラフト候補として注目されるためにも重要なシーズンとなるだろう。

最終更新:1/15(水) 12:26
高校野球ドットコム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事