ここから本文です

“いわてとつながろう” 就職情報を「LINE」で

1/15(水) 10:29配信

岩手日日新聞社

 無料通信アプリ「LINE(ライン)」で、本県出身の若者向けに県内就職や岩手で働く魅力などを情報配信する県定住推進・雇用労働室は、今春卒業予定の高校生とその保護者に登録を呼び掛けている。

 ラインでの情報配信は若者の県内就職、U・Iターン促進を目的に2018年12月開始。岩手を進学や就職で離れても情報配信で身近に感じてもらい県内就職を考えるきっかけにするのが狙いだ。

 アカウント名は「いわてとつながろう」。IDは「@iwate_tsunagu」。「友だち」に追加すると、1~2週間に1回のペースで県内での就職イベントやインターンシップ、首都圏での移住関連イベントなどの募集、先輩の就職活動など就職関連に加え、県内の食や文化、歴史などの話題や各種イベントなどの情報を配信していく。U・Iターン希望者はジョブカフェいわて内の専用窓口に登録することで具体的な就職活動の支援を受けることも可能だ。

 昨年12月下旬からは進学や就職を控えた高校3年生とその保護者の登録を促進するためプロモーションを展開。登録案内チラシを作成し、学校を通じて配布したほか、登録した高校生には本県オリジナルグッズをプレゼントするキャンペーンを3月19日まで実施している。

 登録者数は19年12月末現在で718人。県定住推進・雇用労働室の佐藤光勇移住定住推進担当課長は「就職などを考えた時に岩手のことを思い出し、岩手を思い続けてもらうために発信している。まずは登録してほしい」と呼び掛けている。

最終更新:1/15(水) 10:29
岩手日日新聞社

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事