ここから本文です

御前崎市の産廃問題で静岡県知事「市長の姿勢は正しい」

1/15(水) 19:38配信

静岡朝日テレビ

御前崎市に計画されている産廃処理施設をめぐり、御前崎市長が川勝知事と2度目の面談をしました。

知事室を訪れた御前崎市の柳沢重夫市長は、川勝知事と20分ほど産廃施設の計画について話し合いました。

この計画は神戸市にある大栄環境が御前崎市の池新田地区に進めていますが、先月実施された賛否を問う住民投票では反対が9割を超えました。この結果を受け、大栄環境の社長は、柳沢市長に計画を一時中断すると伝えました。

ただ、事業の許認可権は県が持っていて、計画に反対する柳沢市長は事業者の計画中断を知事に報告し、改めて協力を要請した形です。

柳沢重夫市長:「いかなる法律であっても、市民の理解、協力が得られない限り、事業は進められないので…」

川勝知事:「市長を全面的に信頼しているし、市長さんのされることに
対して私は今のところは精神的な支援だが、県知事としてその姿勢は正しいということを申し上げた」

最終更新:1/16(木) 12:55
静岡朝日テレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事