ここから本文です

市長 企業側との協議経過を知事に報告 御前崎市 産廃処理施設の建設問題

1/15(水) 17:35配信

静岡放送(SBS)

静岡放送(SBS)

 御前崎市で民間企業が計画している産廃処理施設の建設を巡り、御前崎市長が企業側との協議の経過を川勝知事に報告しました。
 産廃処理施設を巡る御前崎市の柳澤重夫市長と川勝知事の会談は1月15日が2回目です。御前崎市では2019年12月、民間企業が計画している産廃処理施設の賛否を問う住民投票が行われ、建設反対が9割を超える結果となりました。柳澤市長は先週、企業の社長と会談して計画の断念を求めましたが、企業側は「一時中断」するとして計画は継続する考えです。柳澤市長は産廃施設の設置の許認可権を持つ県にも協力を求めていて、15日は、企業側との協議の経過を報告しました。
 柳澤重夫御前崎市長「知事も私の思いに賛同していただいた。いかなる法律であっても、市民の理解・協力を得られない限り、事業は進められない」
 川勝平太知事「一旦中断から、さらに一歩進んでいただいて撤退するようにという市長の要請に私も同じ考え」
 柳澤市長は今後も、企業側に計画の断念を求め続ける方針です。

静岡放送(SBS)

最終更新:1/15(水) 17:35
静岡放送(SBS)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事