ここから本文です

レーブもミュラーの東京五輪参加の可能性を認める「可能性の一つ」

1/15(水) 11:13配信

GOAL

ドイツ代表のヨアヒム・レーブ監督は、トーマス・ミュラーが東京五輪に参加する可能性があることを認めた。

先日、『キッカー』は、U-23ドイツ代表を率いるシュテファン・クンツ監督がミュラー、そしてレヴァークーゼンのケヴィン・フォラントをオーバーエイジ枠として東京五輪のメンバーに招集することを検討中だと伝えられた。

レーブ監督はクンツ監督と会って話をして、ミュラーが選択肢の一人であることを明かしている。

「クリスマス前にクンツとは会って話し、そのことも少し話したよ。EUROとオリンピックという2つの大きなイベントがある。彼は選択肢に挙げている選手を教えてくれた。それは彼の決断だ。まだ時間があるし、彼のすべてのアイディアは刺激的だった。ミュラーはリストに載っているし、それは早く提出しなければならない。あくまでも可能性の一つだ」

ドイツ代表のディレクターを務めるオリヴァー・ビアホフ氏も「ミュラーは国際的な選手だし、以前の代表選手も除外すべきではない」とコメント。招集の可能性は小さくないとしている。

最終更新:1/15(水) 11:13
GOAL

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事