ここから本文です

中日小熊が打たないのにマシンと対峙「毎年新しいのを使っているので」恒例の地道な作業とは…

1/15(水) 6:30配信

中日スポーツ

 中日・小熊凌祐投手(29)が14日、中日屋内練習場のマシン打撃用のケージに入り、打撃でなく捕球を繰り返した。新しいグラブを慣らすため、およそ20分間ほど、打撃用マシンと対峙(たいじ)した。

【写真】祝成人!同級生の晴れ着美女に囲まれ山本ニッコリ

 「グラブは色を変えただけです。毎年、新しいのを使っているので。とにかく投げやすければいいので」。大きさや重量、機能は昨年と同じだそうだが、手になじますための地道な取り組みだった。

最終更新:1/15(水) 6:30
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ