ここから本文です

殿堂入りの田淵氏、ダイエー監督時代は「いつも苦しかったよ」

1/15(水) 12:28配信

西日本スポーツ

 球界の功労者をたたえる野球殿堂入りが14日、東京都内の野球殿堂博物館で発表され、エキスパート表彰で田淵幸一氏(73)が選出された。

【写真】「一本足」で活躍した現役時代の田淵氏

 阪神、西武での現役時代は王貞治の14年連続本塁打王を阻止するなど歴代11位の474本塁打。引退後はダイエー(現ソフトバンク)で監督を務め、阪神と楽天では盟友星野仙一監督(故人)の下でコーチを務めた。

 田淵氏との一問一答は以下の通り。

-野球殿堂入りが決まった

 ファンや出会った人のおかげ。紆余(うよ)曲折の野球人生だった。感無量。

-野球人生を振り返って

 松永怜一さん(元法大監督)が野球のイロハのイを教えてくれた。捕手として教わったことを生かして、プロにも入れた。これまでの野球人生でも、指導者に恵まれてきた。

-阪神でのプロ生活は

 本当は巨人に行きたかった。ただ、巨人と試合するときは王(貞治)さん、長嶋(茂雄)さんの前でホームランを打ってやるという闘志が湧いてきた。けがもあって、完璧にやれたシーズンは数年しかない。阪神で優勝はできなかったけど、江夏豊という大投手に出会えた。

-1975年には王貞治氏の連続本塁打王のタイトルを止めた

 巨人戦で王さんの前で本塁打を打つのは喜びだった。王さんや長嶋さんという大きな山があったから、乗り越えようという思いでやってきた。だから、こんな成績になった。

-西武でも活躍

 広岡達朗監督の下で(1982、83年と)2年連続で日本一にもなれた。(83年に)正力松太郎賞をいただけたときは、これが最後の賞だと思っていた

-盟友だった星野仙一さんに伝えたいことは

 2017年に(星野氏が)殿堂入りして、その後に開かれた祝賀会で「次はおまえが殿堂に入ったら、山本浩二も呼んで受賞パーティーをやろう」と話していた。受賞が決まったときは「仙ちゃん、俺ももらったよ」と心の中で伝えた。

-星野さんとの思い出は尽きない

 (星野氏が)阪神の監督を打診されていたとき、一緒に(コーチを)やるぞと言われた。星野と一緒ならどこでもやるつもりだったので、即答だった。亡くなるまでほとんどの時間を一緒に過ごしたから。彼は男がほれる男。死なばもろとも、という思いがずっとあった。

-ダイエーで監督も経験した

 いつも苦しかったよ。ずっとBクラスだったからね。

西日本スポーツ

最終更新:1/15(水) 12:28
西日本スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事