ここから本文です

伊ベネチアで今度は海面が極端に低下、ゴンドラも漕げず

1/15(水) 16:18配信

ロイター

 昨年11月、約50年ぶりの高潮で市内の大部分が浸水した伊ベネチアで、今度は水位が異常に下がってしまった。名物のゴンドラも、一部で運航ができない状態になっている。(ナレーションなし)

 「水の都」伊ベネチアで、水位が極端に低下している。昨年11月、約50年ぶりの高潮で市内の大部分が浸水したベネチア。

 それからわずか数カ月―今度はゴンドラを漕ぐこともできないほど、水位が低くなってしまった。

 複数の島々からなるベネチアは、常に潮の満ち引きの影響を受けてきた。また海面が極端に上昇したり、逆に極端に下がったりすることもしばしば発生する。

最終更新:1/16(木) 10:20
ロイター

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事