ここから本文です

【コストコライターが徹底検証】冷凍の「カリフラワーライス」は美味しい&便利!

1/15(水) 17:10配信

magacol

本誌コストコ連載ページを毎月担当しているため、月に数回コストコの商品をチェックしています。
そんな私が最近気になっていたのが低糖質、低カロリーな「カリフラワーライス」。ビタミンCやカリウムが含まれていて栄養価も高く、コストコでも発売以来話題の商品ということですが、我が家は小学生から1歳児まで三人の子どもがいることもあり、お米の代わりとして受け入れてもらえるのか…実際に自宅で試してみました。

小袋に分かれていて使いやすい!

コストコの商品は大容量な商品が多いですが、こちらは大袋を開封すると340gの小袋が4つ入っています。調理するときは小袋のままレンチンできるので便利!これは面倒くさがりの私にもピッタリ。パック入りライスの感覚で使えるのがうれしい限りです。材料も有機カリフラワーと食塩のみ。実にシンプル。

VIA EMILIA オーガニックカリフラワーライス 340g×4袋 638(コストコホールセールジャパン)

ひとまず袋の説明書き通り、電子レンジで調理してみました。800Wで5分ほど加熱すれば食べられるとのこと。

温めてお皿にあけると、カリフラワーの甘みのある香りがたちこめます。しかし、思いのほか水っぽさが気になる状態。

そこで、フライパン調理の手順に記載の通り、フッ素樹脂加工のフライパンにさきほどレンジで加熱したカリフラワーライスを入れて、水気がなくなるまで加熱してみました。

余分な水気がなくなった頃合いをみて火を止め、食べてみるとほんのり甘いカリフラワーそのもの。カリフラワーを細かくしただけなので当たり前ですが、意外にもくせが少なくこのままでもおいしいかも。何にでも合いそうな予感大です。

【基本編】カレーライスとして食べてみる

カリフラワーは洋な味付けと合いそう、ということでまずはカレーに合わせてみました。

小袋一袋でちょうど大人の一人前ピッタリの量。食べてみると、野菜の甘みとカレーがマッチしてとてもおいしい!しかし、主人や子どもたちからは「カリフラワーライスがパラパラすぎて、もっちりしたお米と違うからあまり…」との辛口意見。特に男子には少し物足りないようでした。

1/2ページ

最終更新:1/15(水) 17:10
magacol

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事