ここから本文です

「悔いはない やりきりました」 HKT朝長美桜が涙の卒業ライブ

1/15(水) 21:17配信

西日本スポーツ

 HKT48チームK4の朝長美桜(21)が15日、福岡市・天神の西鉄ホールで開かれた劇場公演で、ファンの声援に背中を押されながら、グループを卒業した。

【写真】卒業公演で盛大な「美桜ちゃん」コールを浴び、涙を流すHKT48の朝長美桜

 2012年9月に2期生としてデビューした朝長は、翌年2ndシングル「メロンジュース」でWセンターの一角に抜てきされ話題に。3rdシングル「桜、みんなで食べた」でも田島芽瑠と2作連続でセンターを務め、グループの看板として活躍した。

 卒業公演では、冒頭から歌えなくなるほど涙する田島を励ましながら、笑顔でパフォーマンス。ファンの盛大なコールに包まれ「前しか向かねえ」などを披露した。

 アンコールでは、田島と「思い出のほとんど」をデュエット。盟友と顔を見合わせながらかみしめるように歌い、顔をくしゃくしゃにして泣いた。「すごく楽しくて濃い7年だった。HKTに悔いはない。やりきりました」。きっぱりと言い切った。最後に「桜、みんなで食べた」を熱唱し、グループを巣立っていった。(古川泰裕)

最終更新:1/18(土) 13:17
西日本スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ