ここから本文です

まるで戦国時代!?コンビニ勢力図を紐解く~あなたの県はどのコンビニが多い?~

1/15(水) 20:45配信

LIMO

みなさんがお住まいの地域で、店舗数の多いコンビニはどこでしょうか? 

ここ最近、コンビニの合併や提携が進み、地方で様々に群雄割拠していたコンビニが次々に姿を消し、セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンの三大チェーンに集約されつつあります。

「コンビニ勢力図」を見る

今回は、まるで戦国時代の領土争いのような、コンビニ業界の勢力図について見ていきます。

コンビニ勢力図

コンビニ各社のホームページによると、コンビニの国内店舗数は、以下の通りとなっており、セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンの上位3社が、4位以下に大きく溝を開ける状況になっています。地域にもよりますが、昔はもっと多種多様なコンビニがあったのに、最近は三大チェーン以外殆ど見ないというのが、多くの方が実感するところではないでしょうか。

1位:セブンイレブン 2万988店(2019年12月末現在)
2位:ファミリーマート 1万6,532店(2019年11月末現在)
3位:ローソン 1万4,659店(2019年2月末現在)
4位:ミニストップ 2,003店(2019年11月末現在)
5位:デイリーヤマザキ 1,454店(2019年6月末現在)
6位:セイコーマート 1,181店(2019年11月末現在)

次に、各都道府県において、どのコンビニが店舗数第1位(2019年7月現在)になっているのか見ていきます。「都道府県別統計とランキングで見る県民性『コンビニ勢力図(2019年)』」(※)
によると、コンビニ別の一覧は、以下の通りとなります。

・セブンイレブン:宮城、山形、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、新潟、山梨、長野、静岡、滋賀、京都、兵庫、岡山、広島、山口、福岡、佐賀、長崎、熊本、宮崎
・ファミリーマート:岩手、石川、福井、岐阜、愛知、三重、大阪、奈良、愛媛、鹿児島、沖縄
・ローソン:青森、秋田、富山、和歌山、鳥取、島根、徳島、香川、高知、大分
・セイコーマート:北海道

これを地図に落とし込むと、以下の勢力図になります。北海道のセイコーマートを除き、全ての都府県で、店舗数1位は三大チェーンのいずれかになっています。(図「コンビニ勢力図」参照)

続いて、この勢力図の背景となる各コンビニの歴史について見ていきます。

1/2ページ

最終更新:1/16(木) 9:35
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ