ここから本文です

中途採用は入社側も受け入れ側もツライ!? 転職時の戸惑いと不満とは

1/15(水) 20:15配信

LIMO

人手不足が叫ばれる今の日本では、即戦力になる中途採用者への期待は大きいのではないでしょうか。その一方で中途採用の社員を受け入れる現場は混乱することもしばしば。

中途入社者を受け入れるほうも、そして中途採用された本人も、最初は大変なことが多いものです。そこで今回は、中途採用で四苦八苦したことがあるという4人に話を聞きました。

独特な社内ルールに困惑ばかり!

「同業他社として見ていたときにはわからないような、独自のルールばかりで本当に困惑しました」と言うのは、あるIT企業に中途入社した30代のAさん。

「中には『なぜそうしなければならないのか』という謎だらけのものや、『それ、必要?』と思うルールも。社内だけで使われる略称や独特な言葉にも戸惑った」とぼやきます。

最初の半年くらいは社風になじめないかもしれないという不安でいっぱいだったと教えてくれたAさん。

「挙げだしたらキリがないけれど、意味不明だと思ったのはIT企業なのに給料明細はいまだに紙。休暇申請も紙。さらに営業が使う日報も紙。営業用の携帯はガラケーで、しかも営業がサボらないようにGPSが搭載されているとか」という状態だそう。

「そういうところはクラシカルなのに、社内情報の持ち出しにはゆるく、情報管理がなってない。同業他社で働いていた身としては、『そんなにゆるくていいの?』と冷や汗が出るほど。さらに、KPI管理もほとんどできておらず、『なぜこの会社に前の会社は勝てなかったのだろうか』と絶望するくらいだった」と笑います。

これは結構あることかもしれません。同業であっても、移ってみて初めて知る社内風土や慣習の違いもたくさんあるでしょう。中途採用者のこういうギャップへの疑問を受け入れて職場環境を改善できれば、同業他社から転職者を採用するメリットがありそうですね。

聞いても教えてくれる人がゼロ

「いい大人なんだから人に聞かないで、と言われても、マニュアルが整っているわけではないし誰かに聞かずに仕事ができるようになるわけがない」と憤るのは20代のBさん。彼は同業他社から転職し、とある金融機関へ入社しました。

「『うちは基本OJTだから』と言われたのはいいけれど、OJTすらしてもらえない。できるだけ周囲の人の動きを見たり、メールや電話の内容を見てプロジェクトの内容を把握したりしているものの、やはり限界がある」と言います。

「できるだけ数を絞って質問しても『たぶん~だと思う』と明確なプロセスを教えてもらえないし、教育係になった先輩はパワハラ系。質問するたびに『お前はそんなこともわからないの?』『ちょっとくらい頭使えば?』『オレの時間をどれだけ奪えば気が済むの?』とネチネチ。質問するのも嫌になった」と嘆きます。

話を聞くところ、Bさんは職場でも早く仕事を覚えようとかなり努力している様子。決してサボっている感じもなく、関連部署の人に自分で聞きに行ったり、社内のフォルダをいろいろと見てみたりしているようですが、それだけでは限界があるでしょう。

中途入社した人を受け入れる環境が整っていないと、せっかくの即戦力なのにその実力を引き出せないまま終わってしまうこともあります。これでは採用した意味がありませんよね。

1/2ページ

最終更新:1/15(水) 20:50
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事