ここから本文です

「無印良品」の良品計画が大暴落でストップ安! 日経平均株価は3日続伸

1/15(水) 7:20配信

LIMO

株式市場の振り返り-日経平均株価は3日続伸、終値で1カ月弱ぶりに24,000円台回復

2020年1月14日(火)の主要指標(カッコ内は前日終値比)

 ・日経平均株価 24,025円(+174円、+0.7%) 3日続伸
 ・TOPIX 1,740.5(+5.3、+0.3%) 3日続伸
 ・東証マザーズ株価指数 887.4(▲2.4、▲0.3%) 3日ぶり反落
東証1部上場銘柄の概況

 ・値上がり銘柄数:860、値下がり銘柄数:1,216、変わらず:83
 ・値上がり業種数:20、値下がり業種数:13
 ・昨年来高値更新銘柄数:139、昨年来安値更新銘柄数:20
東証1部の出来高は12億3,406万株、売買代金は2兆3,629億円(概算)となり、いずれも先週末より増加しました。

米中貿易摩擦問題の解決に対する期待感が高まり、また、為替相場が110円/ドルの円安水準になったことなどからリスクオンモードが若干強まりました。

ただ、依然として様子見スタンスの投資家も多く、売買代金は2兆5,000億円に達しないレベルで終わっています。

そのような中、日経平均株価は終日プラス圏で推移しました。米国株式相場が堅調に推移したことを受け、ハイテク株を中心に見直し買いが続き、日経平均株価は一時+209円高まで上昇する場面が見られました。

その後はやや上値が重くなりましたが、終値で12月17日以来となる24,000円台回復となっています。しかしながら、昨年来高値更新はなりませんでした。

なお、TOPIXも同じような値動きで3日続伸となりましたが、上昇率は日経平均株価を大きく下回っています。

東証マザーズ株価指数は3日ぶり反落、売買代金は3日連続で1,000億円を下回る

東証マザーズの出来高は5,504万株、売買代金894億円となり、いずれも先週末より増加しました。

ただ、増加はしたものの、前月(昨年12月)から始まった個人投資家の資金移動が一巡した感があり、売買代金は3日連続で1,000億円を割り込んでいます。

また、一部主力銘柄が下落したこと等により株価指数3日ぶりに反落し、900ポイント回復目前で足踏みとなりました。

1/2ページ

最終更新:1/16(木) 21:55
LIMO

チャート

富士通6702
10775円、前日比-15円 - 1/29(水) 15:00

チャート

ソニー6758
7835円、前日比+62円 - 1/29(水) 15:00

チャート

NEC6701
4985円、前日比-45円 - 1/29(水) 15:00

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事