ここから本文です

軽油に灯油混ぜ販売…軽油にかかる税金“約1億円”脱税か ガソリンスタンド経営の男ら逮捕

1/15(水) 15:57配信

東海テレビ

東海テレビ

 不正な軽油を製造・販売し、およそ1億円を脱税したなどとして、三重県名張市のガソリンスタンド経営の男ら3人が逮捕されました。

 逮捕されたのは、名張市赤目町のガソリンスタンド経営・井上聡容疑者(50)と兵庫県西宮市の会社役員・御立政之容疑者(52)ら3人です。

 井上容疑者と元従業員の男(41)は、2018年11月までのおよそ1年半の間に、軽油に灯油を混ぜた不正軽油を県内外の運送業者などに販売し、軽油にかかる税金およそ1億円を脱税した疑いなどが持たれています。

 また、御立容疑者は不正軽油の原料になると知りながら、密造を防止する識別材を除去した灯油を井上容疑者に提供した疑いが持たれています。

 三重県警は3人の認否を明らかにしていません。

 事件は三重県の調査で発覚し、2017年11月に情報提供を受けた警察が関係先を家宅捜索し、不正軽油を押収するなどしていたということで、警察は流通経路についても調べを進めています。

東海テレビ

最終更新:1/15(水) 18:28
東海テレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ