ここから本文です

移動や配送を見える化する「AUBIT DIGITAL」、MaaS社会の到来にらみ

1/15(水) 13:30配信

BCN

 ボールドライト(宮本章弘社長)は、MaaS社会の到来で課題となる「モビリティの移動状況を常時正確にエンドユーザーに伝える」ため、モビリティトラッキング用IoTデバイスと、その移動状況のマップ表示や周辺情報掲載を統合したトラッキングシェアシステム「AUBIT DIGITAL」の提供を1月14日に開始した。



 AUBIT DIGITALは、専用IoTデバイスを導入したモビリティの移動状況を瞬時にデジタルマップで公開し、エンドユーザーに安心感とシームレスな体験を生み出す。作成したデジタルマップは、導入事業者の自社ウェブサイトなど、自由に組み込みが可能。その他既存アプリへの組み込みやアプリ化自体も可能なため、利用シーンにあわせてさまざまな活用が想定される。

 準天頂衛星システム「みちびき」に対応し、最高精度毎5秒、誤差1メートルのトラッキングが可能。移動・配送状況の正確な共有を実現したことで、従来のこれらに関する問い合わせやクレーム、オペレーションコスト、状況が不明なために発生している機会損失を削減する。

 さらに、AUBUT DIGITALでは、各モビリティの名前やタイプ、カラーなどを自由にビジュアル設定し、マップに反映可能。これに周辺情報の掲載を統合したことで、複数のモビリティの移動状況と目的地を一目で判断できるようにした。

 今後は、AUBIT DIGITALからGTFSリアルタイムの書出機能の開発を予定しており、これをSaaS型のAUBIT DIGITALで安価に提供することで、全国のGTFSリアルタイム活用範囲拡大から地方創生にも貢献していく考え。

最終更新:1/15(水) 13:30
BCN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事