ここから本文です

長崎で才能開花のFW呉屋大翔が結果で恩返しへ「なんとしてもここで結果を出したい」

1/15(水) 2:55配信

超WORLDサッカー!

2019シーズンに期限付きで加わったV・ファーレン長崎で才能を開花させたFW呉屋大翔が、ガンバ大阪から柏レイソルに加入した。

昨シーズンは、J2記録に並ぶ7試合連続ゴールを記録するなど、日本人最多の22ゴールを記録した呉屋。その要因として「コンディションが良くて、1年ケガなくできたことが一番だと思います」と、ゴールを量産で来た理由を明かす。

この活躍が認められ、J2を制した柏レイソルへの移籍が決定。だが、最終戦で圧巻の8ゴールを決めたFWオルンガなど前線には多くのタレントが在籍している。それでも、「今の時代はJ1の中でやろうと思ったら外国人と勝負して勝たないといけないです」と状況を受け入れ、「その辺は割り切って、あまり意識せずに自分のプレーを出したいなという気持ちが強いです」とコメントしている。

そのなかで呉屋はG大阪に在籍していた2017年以来のJ1挑戦となる。G大阪に在籍した2年間で公式戦通算30試合で3ゴールと思うような結果は残せなかった。そうした過去がありながらも獲得してくれたクラブに対して、「J1で結果を出せなかった僕を信じて獲得してくれた柏に感謝しています」。「なんとしてもここで結果を出したいという気持ちが強いです」と語り、結果で恩返しする覚悟だ。

そして、J1で戦うということはプロキャリアをスタートさせたG大阪との対戦が待っている。「1番得点を取りたい相手なので、点を取ります」と宣言。「今はチャンスを貰った時に結果を出せる自信があります」と、話した呉屋が再びJ1に挑戦する。

超WORLDサッカー!

最終更新:1/15(水) 2:55
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

今日のJリーグ 試合情報

J1
あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ