ここから本文です

C大阪のMFデサバト、古巣クラブを給与未払いなどで訴える

1/15(水) 10:45配信

超WORLDサッカー!

セレッソ大阪のアルゼンチン人MFレアンドロ・デサバトが、古巣のヴァスコ・ダ・ガマを提訴したようだ。ブラジル『terra』が報じた。

デサバトは、2018年1月に母国のベレス・サルスフィエルドからヴァスコ・ダ・ガマへフリーとランフサーで加入。ヴァスコ・ダ・ガマではブラジル・セリエAで27試合に出場し1アシストを記録。コパ・リベルタドーレスでも9試合に出場していたが1年で退団。2019年1月にC大阪へ完全移籍で加入していた。

C大阪では明治安田生命J1リーグで18試合に出場し1アシストを記録。YBCルヴァンカップでは6試合、天皇杯では2試合に出場しており、今シーズンもC大阪でプレーする。

そんなデサバトがヴァスコ・ダ・ガマを提訴する理由は、未払いの給料とのこと。2018年11月に支払われる分が未払いとなっており、その他の費用などを含めて97,1586ブラジルレアル(約2600万円)を請求しているとのことだ。

なお、デサバトと同様に、給与の未払いなどでDFアンデルソン・マルチンスもクラブを訴えているとのこと。こちらは620,523ブラジルレアル(約1650万円)を請求しているとのことだ。

超WORLDサッカー!

最終更新:1/15(水) 10:45
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

今日のJリーグ 試合情報

J1
あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ