ここから本文です

今夜対戦…U-23日本代表対U-23カタール代表について知っておきたい7つのこと

1/15(水) 16:58配信

SOCCER KING

 U-23日本代表は15日、AFC U-23選手権2020の第3戦を迎える。2連敗でグループステージ敗退が決まった日本の相手は、U-23カタール代表。昨年開催されたAFCアジアカップUAE2019でA代表が初優勝を果たすなど、近年急速に実力を高めている国だ。3連敗は許されない日本は、どんな戦いを見せるのか。注目の一戦を前に、知っておきたい7つの情報を紹介する。

1.カタールは引き分け以下で敗退決定

 カタールが決勝トーナメントに進出するためには、この日本戦での勝利が絶対条件となる。彼らは初戦から2試合連続でドロー。シリアとの初戦では試合終了間際に同点ゴールを許し、2-2の引き分け。第2戦は、サウジアラビア相手にスコアレスドローだった。2試合を終えて勝ち点は「2」にとどまり、グループBでは勝ち点4を獲得しているシリア、サウジアラビアに次ぐ3位となっている(*勝ち点0の日本は最下位)。引き分け以下では上位2位以内に入ることができず、五輪出場の夢が潰えてしまう。一方で、1位通過の可能性を残しており、逆転での首位突破を決めると、決勝トーナメント1回戦で元日本代表監督の西野朗氏が率いるタイと激突することになる。

2. カタールは7大会ぶりの五輪出場を目指す

 東京オリンピックのアジア最終予選を兼ねている今大会。カタールはオリンピックに2度の出場歴がある。初出場は1984年のロサンゼルス大会。同大会はグループステージで敗退したが、2度目の出場となった1992年のバルセロナ大会では、ベスト8入りを果たした。それ以降、オリンピックに縁がないが、2022年には自国でワールドカップ開催を控えていることもあり、東京オリンピック出場は重要なミッションとされる。彼らのモチベーションは最大限に高まっているはずだ。

3. アジアカップ決勝のリベンジなるか!?

 日本とカタールの対戦と聞いて思い出されるのは、A代表同士が顔を合わせた昨年のアジアカップ決勝だろう。森保一監督のもと、3大会ぶりの優勝を狙っていた日本だが、カタールに1-3で敗れた。今大会の日本代表に当時のカタール戦に出場していた選手はおらず、世代も異なるとは言え、森保監督にとっては昨年のリベンジを果たす絶好の機会となる。

1/2ページ

最終更新:1/15(水) 17:15
SOCCER KING

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事