ここから本文です

向井理主演のサスペンス「10の秘密」初回視聴率は関西11・8%、関東8・9%

1/15(水) 9:54配信

スポーツ報知

 14日に放送された俳優・向井理(37)主演のフジテレビ系連続ドラマ「10の秘密」(火曜・後9時)初回の平均視聴率が関東地区で8・9%だったことが15日分かった。ドラマを制作するカンテレで放送された関西地区は11・8%だった。

 向井が演じるのは、14歳の娘・瞳(山田杏奈)と2人で暮らす建築確認検査員の主人公・白河圭太。9年前、弁護士で上昇志向の強い元妻・仙台由貴子(仲間由紀恵)が家を出て行って以来、シングルファザーとして奮闘しながら娘と良好な関係を築いてきた。そんなある日、圭太のもとに「娘は預かった。3日以内に仙台由貴子を探せ」と誘拐をほのめかす電話がかかってくる。登場人物の秘密が暴かれ、事件が巻き起こるオリジナル脚本の本格サスペンスだ。

 共演は仲里依紗、「SixTONES(ストーンズ)」の松村北斗、佐野史郎、渡部篤郎ら。(数字はビデオリサーチ調べ)

報知新聞社

最終更新:1/15(水) 9:54
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事