ここから本文です

「テスト結果」は想定外 サッカーU23、再建急務

1/16(木) 2:30配信

朝日新聞デジタル

 サッカーのU23(23歳以下)アジア選手権で2連敗し、1次リーグ敗退が決まっていた日本は15日、バンコクで行われたカタール戦を1―1で引き分けた。蒸し暑さや、決勝まで想定すれば中2~3日で6試合を戦う過密日程が東京五輪に似ており、その「シミュレーション」と位置づけていたが、3試合で大会を終えた。五輪本番が半年後となる中、チーム作りの方針を見直す必要に迫られそうだ。

 「日本が出場させたのはテストをしている選手たちなのか?」。日本の1次リーグ敗退に驚き、記者にそう聞いてくる現地の大会関係者もいた。実際、MFの久保(マジョルカ)や堂安(PSVアイントホーフェン)、DF冨安(ボローニャ)ら欧州組は参加せず、国内組の選考も狙いの一つだった。球際で後手に回ったり終盤に走り負けたり。カタール戦は前半終了間際に退場者を出したが、先取点を奪うなど意地を見せた引き分け。ただ、良くも悪くも見極めがついた。

朝日新聞社

最終更新:1/16(木) 2:30
朝日新聞デジタル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事