ここから本文です

エア・カナダ、A220お披露目 カナダ初導入、16日就航

1/16(木) 19:48配信

Aviation Wire

 エア・カナダ(ACA/AC)は現地時間1月15日、同社向け初号機となるエアバスA220-300型機(登録記号C-GROV)を、本社のモントリオールでお披露目した。商業運航は翌16日から開始し、カナダ国内線や米国路線に投入する。カナダの航空会社がA220を導入するのは初めて。A220-300は北米では初導入となる。

 同社のA220-300は2クラス137席で、ビジネス12席、エコノミー125席。45機を確定発注済みで、2022年の完納を見込む。確定発注分は、カタログ価格で総額38億米ドル(約4179億円)で、このほか30機分のオプションを設定する。エアバスはA220をカナダのケベック州ミラベルのほか、米アラバマ州モビールでも製造しているが、エア・カナダ向けのA220はすべてミラベルで製造する。

 商業運航は1月16日からで、モントリオール発カルガリー行きが初便となる。今後はモントリオールとトロントを拠点とし、カルガリーとオタワ、ウィニペグなどのカナダ国内線のほか、ニューヨーク(ラガーディア)線にも投入。このほか、5月4日に開設するモントリオール-シアトル線、トロント-サンノゼ線の2路線にも導入する。

 A220は、カナダのボンバルディアが開発した小型旅客機「Cシリーズ」の新名称。Cシリーズの製造や販売を担う事業会社「CSALP」を、エアバスが2018年7月に買収したことで改めた。Cシリーズは、CS100(100-135席)と、中胴が3.7メートル長いCS300(130-160席)の2機種が開発され、CS100をA220-100、CS300をA220-300に改称した。

Yusuke KOHASE

最終更新:1/16(木) 19:48
Aviation Wire

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ