ここから本文です

美容家がダイソー「リップオイル」を徹底検証。 ハイブランドと比べてみたら...

1/16(木) 18:18配信

東京バーゲンマニア

昨年大きな注目を浴びたダイソーのUR GLAMシリーズ。100均の商品とは思えないほどのクオリティとラインナップで魅了された人も多いのではないでしょうか。

そんなUR GLAMから昨年末に発売されたリップオイルが早くも注目を集めています。美容家である筆者も早速入手して使ってみました。

2020年のトレンドアイテム

数多くのブランドから発売されるほど、今年はリップオイルがトレンドに。カラーは春らしいオレンジやピンクなどの定番カラーもいいのですが、春とは真逆のカシス系カラーやブラウンを帯びたものなどがより今季らしいと感じています。深みのあるカラーを秋冬のようにしっかり纏うのではなく、透け感のある仕上がりで纏うのが◎。そういう意味でもリップオイルは絶対に買いなトレンドアイテムなのです。

UR GLAMのリップオイルは、全部で12色。ピンク、イエロー、パープル、ブルー、ゴールド、シルバーなど魅力的なラインアップです。

しかし、店舗によって入荷の状況や品揃えが異なるようで、現在全色販売されている店舗は少ないのではないかと感じています。

そのような中、筆者は使いやすそうな4色を入手しました。下の画像は、それぞれ腕に二度塗りしたものになります。

画像左から順に、BR-1(ピンクブラウン)、YL-1(クリアイエロー)、PK-4(コーラルピンク)、OR-1(オレンジ)

イチオシカラーは、#BR-1(ピンクブラウン)。ブラウン系リップは秋冬のトレンドアイテムでしたが、それを春らしく軽やかにした印象のカラーです。実際に纏うと、素の唇の色にも近い肌になじむカラーで、ナチュラルメイクとも相性がよく、オシャレな雰囲気に仕上がります。こちらのカラーは、唇の赤みがかなり少ない人を除いて単品で使うことができるでしょう。

#YL-1(クリアイエロー)は、ほんのり黄みがかるので、青みの強い口紅をなじませたい時に上から重ねて使うのにおすすめ。肌なじみがよくなり、似合わないと諦めていたカラーも復活させることができます。ただし、単色使いは発色が物足りないので難しいでしょう。

1/3ページ

最終更新:1/16(木) 18:18
東京バーゲンマニア

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事