ここから本文です

【京成杯】ロールオブサンダー 楽な手応えでいい脚見せた

1/16(木) 6:00配信

デイリースポーツ

 「京成杯・G3」(19日、中山)

 京都2歳S3着ロールオブサンダーは15日、栗東坂路で力強い走り。しぶとさを生かして初タイトルを狙う。

 ロールオブサンダーは栗東坂路を確かな脚取りで駆け上がり、4F53秒9-39秒4-12秒5をマークした。橋口師は「予定通りです。楽な手応えで最後もいい脚で伸びてくれました。もともとケイコでは動くタイプじゃなかったのに、ここに来てしっかりと動くようになってきた」と納得の様子だった。

 新馬戦、紫菊賞と2連勝を飾り、勢いに乗って挑んだ前走の京都2歳Sは3着。敗れはしたものの、プラス20キロと馬体面での成長をアピールし、しぶとく粘っていた。切れ味は欠くもののバテない。タフネスさが武器だ。

 皐月賞と同じ舞台での一戦。「心身ともに成長してきたし、スタミナが豊富な馬なので中山のこの条件はいい。ここでどんなレースを見せてくれるか」と、指揮官はクラシックへつながる走りを期待していた。

最終更新:1/16(木) 8:21
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ