ここから本文です

<山田涼介>“キラキラ感”隠し“普通”を演じる 「記憶屋 あなたを忘れない」で真っすぐな大学生役 “消されたくない記憶”は……

1/17(金) 7:10配信

MANTANWEB

 人気グループ「Hey!Say!JUMP」の山田涼介さんが主演を務める映画「記憶屋 あなたを忘れない」(平川雄一朗監督)が2020年1月17日に公開される。映画は山田さん演じる主人公・遼一が人の記憶と真実をめぐって奔走する姿を描いた作品。山田さんに映画の撮影エピソードや“普通の大学生”を演じた思い、さらに作品内容に絡めて自身の“消されたくない記憶”などを聞いた。

【写真特集】芳根京子、佐々木蔵之介も… 映画の注目シーンを一挙公開!

 ◇“普通の人”演じるのは「楽しい」

 映画は累計50万部を超える織守きょうやさんの小説(角川ホラー文庫)が原作。山田さんが主人公で大学生の吉森遼一、芳根京子さんが遼一の幼なじみの河合真希を演じる。遼一は年上の恋人・澤田杏子(蓮佛美沙子さん)と幸せな日々を送っていたが、プロポーズをした翌日から連絡が取れなくなり、数日後に再会した杏子は遼一の記憶だけを失っていた。人の記憶を消せる「記憶屋」という人物がいることを知った遼一は、弁護士の高原智秋(佐々木蔵之介さん)や真希らと杏子が記憶を失った原因を探す。その先には、彼らの運命を変える真実があった……というストーリー。

 恋人が記憶を失った原因を知るために奔走する、ひたむきな遼一を演じた。遼一について「ものすごい真っすぐな男の子」と山田さん。「目の前で起こったことに、いちいちリアクションしていく。ひとつのことに集中すると、大事なことも忘れる。そういう“素直さ”のようなものを大切に演じました」と語る。こうした“素直”な部分は、遼一と共通するところでもある、と山田さんは言う。「僕も嫌なことは嫌だし、やりたいことはやりたいというタイプ。『どうしようかな』と悩めない人で、思い立ったが吉日ですぐ行動に移すんです。そこは似ているかもしれないですね」と共感する。

 山田さんといえば、近年映画では「鋼の錬金術師」や「暗殺教室」に主演するなど、マンガ原作の個性的なキャラクターを演じているイメージも強い。今作で等身大の大学生役を演じることに、どのような思いを抱いているのか。山田さんは「キャラクターものにはキャラクターものの良さがあり、普通には普通の良さがある、と思っています。演じる役は全部好き。今回、遼一を演じるうえで大切にしたのは、本当に『普通』ということ。こういう子どこにでもいるよね、という感じを、どう出していくか……。アイドルのキラキラ感のようなものをいかに隠して演じられるか、ということをすごく考えながら演じていました」と語る。

1/3ページ

最終更新:1/17(金) 12:13
MANTANWEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ