ここから本文です

メーガン妃とヘンリー王子の市場価値を査定 フリーランスになれば「年収275億円稼げる」 英紙が報道

1/16(木) 12:49配信

Hint-Pot

オーストラリアのPR業界のカリスマが試算

 先週、突如の王室“引退宣言”で世界に衝撃を走らせたヘンリー王子夫妻。その中で「経済的自立」も唱えられ、大きな注目を集めた。果たしてふたりは王室を離れても、巨額の警備費や渡航費を賄えるのか。ふたりがフリーランスになれば「年収275億円稼げる」と豪語する人物がオーストラリアに現れたという。オーストラリアと言えば、メーガン妃にとって初めての本格的な外遊先であり、その後オセアニアを歴訪する中、オーストラリアの記者が妃のドレスの裾から値札がはためいているのを発見し大きな話題となるなど、英王室への注目度がとても高い国のひとつだ。

【写真】メーガン妃 ドレスの裾から値札がチラリ オーストラリアの記者が見逃さなかった実際の様子

 ◇ ◇ ◇

 英大衆紙「デイリー・メール」が掲載した記事によると、メーガン妃とヘンリー王子の驚異的な年収を予言したのは、オーストラリアでセレブリティの著作本出版やPRで知られるマックス・マークソン氏。ビル・クリントン元米大統領やネルソン・マンデラ氏、トニー・ブレア元英国首相、アーノルド・シュワルツェネッガー氏等の超大物セレブをオーストラリアに招き、様々なイベント大成功させたという。

 シドニーを本拠地にしてオーストラリアのPR業界を牛耳るマークソン氏は、もしも今メーガン妃とヘンリー王子がオーストラリアに来ると約束してくれれば「それだけで500万ドル(約5億5000万円)を前金で渡せる」と発言。「5つのイベントに顔見せしてくれるだけでいい」と続けて、ふたりの市場価値を査定した。

 さらにマークソン氏はメーガン妃とヘンリー王子が自叙伝出版すれば「それだけで最低6400万ドル(約70億4000万円)の収入が見込める」と語り、「今最も潤っている『ネットフリックス』も契約したがるだろう」と太鼓判。最終的には年収2億5000万ドル、日本円にして約275億円も「夢ではない」と予言した。

 確かに現在、メーガン妃とヘンリー王子が世界で最も有名なカップルとなっていることは間違いないが、一方でこのように早くもその知名度を金銭に換算する動きも出てきている。

森昌利/Masatoshi Mori

最終更新:1/16(木) 15:01
Hint-Pot

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事